頼まれごとは試されごと。

メンタル・健康

頼まれごとは人ではなく、己の力を試されている

こんにちは!
ふかいあつしです。

頼まれごと試されごと
こんな言葉を聞いたことは
ないんだろうか。

でも、間違っている解釈をしていることが多い。
人を介して、自分が成長できているか試される。
この答えは半分正解で、半分不正解

正解は、人を介して、
自分がどれほど成長できているか
確かめることを示す。

だから、人に試されているわけではないんだよね。
そもそも、嫌なら断ればいいだけの話。

世の中では自分が答えられないこと
以上のことはやってこないという常識がある。

つまり、貴方には出来るから
神様が貴方を試しているんだよね。

たまたま、それが人を介しているだけで
実際は、自分自身の成長を問われている
だけに過ぎないんだよ。

質問を受けたら、「ハイ!喜んで」という
返答の返しがあるんだけど、人間には
0.2秒で判断する力がある。

だから、出来るならやればいいし、
出来ないなら、断ればいい。

ただ言えるのは、出来ないと思っていることが
実は出来ることだったら、自分の評価を下げかねない。

それに、出来ることを出来ないと言った場合は、
心を見抜かれて信頼を失う可能性や
断ったことが、相手が変わって、しかもちょっとだけ
問題が大きくなってやって来る場合があるってこと。

相手に頼む人は、頼むだけの信頼を
得ているから頼めるわけであって、もし信頼が
無ければ頼まれもしないのだ。

頼まれたときに、相手のことを
自分のことを利用してると思うのか。
それとも、
自分のことを親身になって
考えてくれているのか。

これを考えるだけでも
だいぶ学びになると思うんだよね。

常に考え、自分で行動することで
前に進む。

頼まれごとは試されごとなのだ。

自分の能力は努力した分しか
試せないし、頼まれない。

心の真理|頼まれごとは試されごと
まとめ

努力したいと思っても、
最初は何をしたら良いか分からない。

それでも、努力することで
点が少しずつ増えていって、
転機を迎えることで、点が線になる。

その時は貴方自身が試されているとき

断るのも、自由。
請け負うのも自由。
ただし、自分のできる範囲でいいんだよ。

それに人にお願いされるのは、
人に試されているわけではなく
人を介して、自分の能力を試されている
だけに過ぎないのだ。

人は貴方が思っているほど
貴方に興味がない。
基本的に興味があるのは
自分自身なのだ。

大人としての自覚
全ての人は独立しているという
離別感。
そして、共に応援しながらも
独立して前進していく。
連帯感。

自分自身の試されごとを
自覚しながら、目標に
向かって前進していく。

そうするとより
人生が楽しくなる。

今回は
頼まれごとは
試されごとについて
紐解いてみました。

それじゃあ、また。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。