長野県の販促王子|健ちゃんに伝えた「好きなことだけをし続ける覚悟」

指示ゼロ経営

長野県で販促のことは小林健二にどうぞ

こんにちは!
ふかいあつしです。

長野県に住んでいるぼくは沢山の愛情を受けて30歳になった今もなお成長しています。自分で言うなよ!なんて言われることもよくありますが、それでいいと思っています。

ふかいあつしが自分らしく生きることをやっと理解し始めて来たんですからね。

さて、その過程を見続ける男であり、お兄ちゃんであり、良き理解者である人がいます。

すごはん名刺セミナーで出逢った同郷の小林健二こと健ちゃんです。

健ちゃんは、お洋服屋さんを経営していて、販促王子として活躍されています。そんな健ちゃんとは2回りも歳は離れていますが、仲良く関わらせてもらっています。

ぼくにはすごく嬉しいことであり、感謝してもしきれません。

先日、母方の実家に行くついでに健ちゃんのところに遊びに行きました。お菓子を土産に携えてね。すごく喜んでくれてよかった。

今回はその時に健ちゃんに伝えたぼくの覚悟についてです。「好きなことだけをし続ける覚悟」とはなんでしょうか。

今日はこんな人に向けてブログを書いています。

・好きなことをし続ける覚悟とはどういうことなのか
・健ちゃんのことをよく知りたい人

それでは行ってみよう。

長野県で販促といったら|小林健二との出逢い

あれは忘れもしない3年前くらい(笑)
ぼくはどうしたら新聞の良さをお客さんに広めることができるか調べていた時のこと。長野県出身で販促の専門家「まっす〜」を見つけました。

まっす〜は販促の専門家として「すごはん」を掲げて「たのしごと」を伝えている方です。まっす〜ブログでラクーンのごとーーーーさん主催の「あなたのオリジナルの名刺を作りませんか」セミナーを見つけて申し込みました。

それに、これがなければ小林健二と出逢うこともなかったんです。(笑)

東京のセミナー会場で小林健二と出逢うことになります。
健ちゃんは後(のち)に当時のぼくの印象をこう答えています。
「ぬいぐるみを持ったおっさんが俺の隣で気持ち悪いなぁ〜」ってその時のぼくの年齢は27歳だからねーーーーーーーーー

とはいえ、ぬいぐるみは持っていたし、服装も若者らしくない。はっきり言って、当時の小林健二の方が若かった。

そんな当時のぼくの写真を健ちゃんのブログから持ってきました。

確かに、こいつとは関わりたくないね。
そんな感じで小林健二と今まで交流を深めて行くことになります。

長野県で販促といったら|小林健二に伝えた好きなことをし続ける覚悟

2017年4月の休刊日を活用して母方の実家にお参りに行きながら、けんちゃんのところに行ってきました。
というのも健ちゃんには「隠し事をせず話せる存在だと思っていて、お兄ちゃん的なのでつい相談しちゃうんですよね」

年齢差を感じさせない人柄にいつも助けてもらっていいます。

そして、小林健二と一緒に頑張ってきた手書きPOPなんですが、実はぼくは苦手だったんですよ。書く時から気づいていたことだったんだけど、上手く書けないし、満足しないし、納得できなかった。

でも、書けるようになった方が良くなる。そんな考え方が頭から離れずにいたんですよね。

そんな中、部屋と心の断捨離に取り組むようになって出来ないことは手放そうと思いました。まず最初にしようと思ったのが、今まで買ってきた販促グッズを手放すこと。

・筆ペン
・色鉛筆
・POPに使う色紙
・コピック

その様子がこちら!!

健ちゃんだったら大切に使ってくれると思うし、物にとっても仕合わせなことだと思ったんだよね。
使えないぼくが持っていても眠るだけで、
あらゆる販促を作れる健ちゃんなら大切に使ってくれるにちがいない。

だから、今まで持っていた販促グッズを健ちゃんに渡しました。

長野県で販促といったら|自分の出来ることだけを徹底的に頑張る(楽しむ)

ぼくはお客さんが喜んでくれるという視点で販促の世界に足を踏み入れました。とはいえ、手書きが苦手で、絵を描くなんてもっと苦手、苦痛で仕方なかった。

それでも手書きが伝わることを学べば手書きに取り組むんだけど、苦手なことをするから時間もかかるし、精神的に疲れる。

それだったら、自分にとって苦手な部分を受け入れ、得意な部分だけ、本気で頑張ろうって思ったんだよね。

健ちゃんに覚悟を伝えた時には「ぼくが得意なことを頑張ればいいんだよ」と軽くアドバイスしてくれた。
ぼくにはぼくにしか出来ないことがある。
それは、動画だったり、ブログだったり、手書きとは程遠いかもしれない。
でも、それでも健ちゃんは応援してくれるんだよね。

ふかい

不得意なことを認めて手放して、得意なことだけに専念する。
それは覚悟が問われることだけど、本気で頑張りたい。
いやいや、楽しみたいよね。

健ちゃん、これからもよろしく

それじゃあ、また。

健ちゃんの関連記事はこちらからどうぞ
長野県の販促王子|販促で困ったら小林健二から学ぼう

Special Thanks
ぼくを成長させてくれた
・小林健二
・すごはんことまっす〜先生
・ラクーンのごとーーーさん

本当にありがとう。
そしてこれからもよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。