心を向けるためには自分の弱さをさらけ出す|素直

メンタル・健康

心を向ける意味とは

このブログはこれらの人に向けて書いています。

素直になる意味を知りたい人
・所作と向き合う意味

こんにちは!31歳になって自分の字を直している。
ふかいあつしです。

必要な時に必要なことを求められるようになる

実は自分の字を直すことを一度放棄したんですよね。でも時期がぼくを迎えに来てくれた。だから一生懸命向き合うって心に決めました。
正直、最初の1ページを読みながら泣いてましたよ。だって、一度はしないって心に決めたんですからね。本当に自分の心と向き合うのが凄くしんどかった。

でも誰のためにって考えるとすべて自分自身のためなんだよね。別に第三者のためじゃなくて、全てぼくのため。だから真剣に立ち向かうことを決めたんだ。

心を向けることが所作に繋がる

ぼくはとある勉強会に参加して来ました。講師の方も知ってるので不安な部分は一切無かったんですよね。
勉強会が進むにつれ、所作の話になりました。

「深井くん。言葉尻り気を付けた方が得だよ」それに、深井くんの話を聞いてると、言葉が雑なことがある。先輩方はその部分も可愛いと思って指摘してくれるけど、直しておいて損はないよね。

話し方を変えるだけでも印象って変わったりする。最初の話し方や進め方が悪くても、終わりが良ければ印象が良かったりする。ひょっとして終わりが雑になっちゃう部分は何か見せられないところがあるのかな。字も会話もそうだけど、心を向けることが所作に繋がるんだよね。

ぼくにとっては凄く痛いところで、今まで悪い意味で自分が認めて来た部分もあったんですよ。
それにぼくが見えてないブロックについて的確にアドバイスもらえて凄く嬉しかったんです。

川の鯉は流れに逆らっても優雅に泳いでいる


風情ある景色を横目に、住宅を流れる川を見てると、鯉が流れに逆らいながらも優雅に泳いでいることに気づく。
何故、川の流れに逆らっているのに、優雅に泳いでいるのだろうか。

そして、今の自分はどうなのだろうか?改めて自問自答してみたんだよ。
普段会社に居ないぼくが遊んでいると思われている部分と重なっちゃったんだよね。
でも鯉は優雅に泳いでいる。それは自然の摂理なのかもしれないけど、じゃあ、ぼくはどうなのって??
好きなことをしているところから、しっかりと稼ぎを見出すことをしていかないとね。

評価されるされないまでも、今ぼくが会社にいる意義を明確にしていく。そのためにも、基本的な部分である字を始めとする所作を見直そうって決めたんだ。

自分で言うのも、なんだけど、凄く時間がかかるかもしれない。
でもいいんだよね。自分の弱さを受け入れることで、誰かに勇気を与えたり、強みに化けたりするんだからね。

貴方のために思ってくれる人を大切にしよう

ぼくが唯一出来ることは素直になること。そして出来ないながら継続すること。
きっと、ぼくがすぐに直らないのも知ってると思うんだよね。
でも、エネルギーをかけてしっかり伝えてくれたんだよね。
心が凄く痛くなるし、弱い自分と向き合わないといけない
でもそれは自分が成長するために必要なことなんだよね。

自分の見えないブロックを教えてもらって本当に良かった。
まだ、字が汚いけど、もっとしっかり読めるように頑張るよ

筆圧も良い加減に書けるようにね(笑)

それじゃあ、また。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。