嫌いなバナナを克服したたった一つの理由

メンタル・健康

体調管理を見直したい方へ

このブログはこれらの人に向けて書いています。

便秘になりがちな方
・夜勤明けで食事を取られてから仮眠する方
体調管理を整えたい方

仕事柄、早朝に出勤することが多い新聞屋ですが、配達員さんの欠員に伴い、ぼく自身が新聞配達する機会が増え、以前にも増して身体に対して心がけることが増えました。

なぜか?

まず、便秘になったこと。

普段なら毎朝トイレに行きたくなるのですが、配達する機会が増えて、身体のバランスが変わり、全く便通が来なくなったんですよね。だから本当に焦ったし、2016年度の年末のトイレでの葛藤たるや苦痛以外の何者でもなかったんです。

それに、早朝配達してから寝るわけですが、
配達すると無性にお腹が空きます。

今のところほとんどですが配達終わりにはコンビニに駆け込み食べ物(唐揚げやら肉まん、おにぎり)を買っちゃうんですよね。実際に配達の時にカロリー計算をしたんですが、寒さもあって2時間の配達で400kcalを消費していたんです。

とはいえ、眠る前に必ず炭水化物を摂っていたら太ることも間違い無いと思うんですよね。

便秘がきっかけでしたが、食生活を大幅に改善しようと決意したわけです。

人が眠る時間に働くということはそれなりの意識をしないといけない。配達をしながらぼくが感じてきたことです。

さて、ぼくが何を。どう。改善してきたか。そのことについて書いていきます。

食生活の改善

早朝に出勤することが増え、食生活が変わり、腸内環境が劇的に変化しました。
普段だったら、には脂っこいお肉は胃が受け付けないんですが、配達をするようになってからお腹が空いて食べる機会も増えたんです。お肉は腸内環境を悪くしやすくなる悪玉菌が多く、固形物を食べることで腸に圧迫をかけやすい。

そうでなくても、人が眠る時間に働くということは、血圧をはじめとする身体の内側に関しても気を配らないと長く体調を維持できないわけです。

では何をやったか。

嫌いなバナナを食べるようになったことです。

ぼくはバナナが大嫌いでした。特に、匂い以上に食感が苦手でしかなかったんです。
そうなるとネットを使ってしまいのが今の現代人ですよね。ぼくも早速グーグル先生に聞いてみたんです。
バナナを食べると便通が良くなる。情報がありました。
特に惹かれた情報はこれでしたね。
バナナで有名なドールのホームページにこれがあったんです。

医師の100名の98%が他の人に勧めたいと評価しました。
この文言に完全のノックアウトでしたね。

エビデンスの考え方

これは第三者機関の評価というものです。
つまりバナナを管理、販売しているドールの評価ではなく、第三者が評価しているんですよね。
正確にいうとバナナと健康は因果関係があるので第三者機関ではないのですが、一人間が言うよりも説得力がある。
ぼくはそう感じたんですよね。
一昔前からバナナについての栄養の高さは知ってたんですが、今回の便秘でより確信に変わったという表現が相応しい。

そして健康について調べていると、ココアも便秘を解消するのに良いことが分かりました。

ココアにはリグニンという不溶性食物繊維が含まれ、腸内環境の改善が期待できます。また、ココアには100gあたりに5.6gもの水溶性食物繊維も含まれるため、さらなる便秘解消効果が期待できるのです。でも健康に良いからといってカロリーが高いので飲み過ぎは注意ですよ。、1日に飲む量はコップ1〜2杯程度までにしてくださいね。
主なソース: 日本食品標準成分表

今では配達終わりのココアも欠かせなくなりました(笑)

体調管理は朝にあり


人が眠る時間に働くということは、人が起きている時間よりも身体に対して何倍の配慮が必要。
配達をしながら本当に思うんですよね。
WHOも教えてくれてますが、夜勤で働く人は昼間に働く人よりも何倍もガンになるリスクが高い。
本来なら眠っている時間に、しかも細胞が回復する時間に起きてるんですからね。身体に対して負荷が大きい。
ぼくは仕事柄、新聞屋の息子として朝に出勤することもあるので比較的に早く気付くことができたと思ってます。

人生には何度か寝ずに頑張る機会はあると思いますが、出来る限り睡眠を取りながら、仕事に従事したい。
人が動かない時間だからこそ、身体に不調が起き、ぼく自身が改善できたと今では思います。

これも天がぼくに与えてくれた知らせなのかもしれませんね。

体調管理は朝にあり。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。