強い人間なんていない。寂しさが成長させる。

メンタル・健康

寂しい気持ちも素直に出そう!

ナーバスになったりした時に、寂しくなったりすることありませんか。
なんで私ばっかり不幸なことが起きるんだろうか。
・寂しさで心が折れちゃいそうな人

でも一体どうすればいいか分からない。

もしあなたがこのような状況でしたらこのブログはあなたの人生にお役に立てると思います。

大人になると寂しい気持ちって人に悟られたくないがために出さない人が多い。
寂しい気持ちを出すだけでが穏やかになったとしても、はたから見たら情緒不安定のように見えたりするからだ。
でも自分の弱い心も認めることで見えてくる世界、明日からの生活が大きく変わる可能性があるんだよね。

寂しさが人を成長させる。強がったりしても、不安な時やきついときは素直に感情を吐き出す。ぬいぐるみが居なくなってだろうか。それとも何かぽっかり空いた穴を埋めようとするんだけど、素直に弱さを認めたほうがいいよね。人はそんなに強くない。

あえて言う。ぼくは今素直に寂しいよ。

ゴーヤちゃんが居なくなったり、心に劇的な変化が起きているからね。
でもこれを超えること。受け入れることが大きな成長に繋がる。そう考えています。

そもそも寂しいという感情は何処から来るのだろうか?
配達をしながらふと考えていました。心理学の話を踏まえながら書いていくね。

重要なキーワードは期待

人は誰しもが期待をします。期待をすることで将来に対して大きな夢を持つことが出来ます。

ただその期待が現実の状態と開きがあることでギャップが生じますよね。
あまりに期待が高いと超えられない時にショックと共に不信感が募ります。

この期待の矛先によって出て来る感情は大きく変わると思うんです。

相手に対して期待が高すぎて裏切られたと感じる場合は怒りに変わり。
自分に対して期待が高すぎて裏切られた(裏切った)は悲しみに変わるんじゃないのかな。

語尾をかなにしているのはまだその真偽が掴めていないからなんです(笑)

つまり、この期待をコントロールすることが出来れば感情の中庸(あいだ)を保つことが出来ると思うんです。

でも人間には感情があって、さらに捉え方が加わることで期待をコントロールすることが出来にくいです。
だからこそ個性というものも確立されるのかもしれません。

ぼくは大好きなぬいぐるみとお別れをしたりして心にぽっかりと穴が空いてしまったのかもしれません。

尊敬する先輩から「掴んだからこそ、離せるようになったね」

それだけ一度執着したものと別れるのは容易ではないことの現れなのかもしれませんね。

それでも、ぼくは元気良く振舞うように心がけています。沈んだ時があっても人に見せないようにしているだけなんです。
心の問題は耐えることでしか解決しないこともありますからね。凌ごうと思う限りです。

成長していく上で内省が必要不可欠です。

自分の心を省みる(振り返ってみた)時に初めて何処が自分にとって足りなかったところ気付くことが出来ます。
そうして自分の心の弱さと向き合って行くうちに次のステージに上がれると信じています。

内省する上で大切なことは自分の心と向き合いながら受け入れていくことでしょうね。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。