好転反応|超えられる壁だからこそ与えられる試練

メンタル・健康

成長するために知っておいて欲しいこと

このブログはこれらの人に向けて書いてます。

・なぜ好転反応があるのか知りたい人

努力する時に必ずやってくる好転反応の存在。
そもそもなぜ好転反応が存在しているのか。

成長とは今ある状態から一歩先に進んだことを意味する。
この一歩になるが、客観的に見たものではなく天から見たものになる。

あの有名なイチローがこんな名言を残しています。

『壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。』

つまり自分にとっての真理に追求した時に初めて支払う代償が好転反応なのです。

例えば自分で判断をして要らないものを捨てたとする。
特に思い入れが強いものに対して2週間後にその代償を支払うことになる。
この2週間についてだが、Jカーブ効果を用いて説明したいと思う。

そもそもJカーブ効果とは

これは経済学において説明されているもので、短期的に、予想される方向とは逆方向に貿易収支(もしくは経常収支)が動く現象のことを指す。 … しかし、長期的には、貿易収支は黒字方向へと反転するため、貿易収支の描く軌跡はJの字のようなカーブとなる。

んーーー相変わらず経済用語は難しいなぁ。
簡単にいうとこういうことです。
物や心を断捨離することで
一時的にはキツくなる(2週間後)けど、時間と経過とともに今の状態以上に良くなって来る効果のこと

天が試練を与えるわけ


何故この2週間になるかだが何故かそうらしい(笑)
確かにぼくも大好きなゴーヤちゃんとお別れしてから2週間くらいに配達員さんの交通事故が起きたりしている。
成長する時に必ず訪れる好転反応。
この好転反応は天から貴方が超えられる壁だからこそ与えられる試練なんだよね。

そもそも断捨離ってあるものをない状態にすることですよね。

でも自然界では本来あるべきものを人為的に失くすことは良いとされていないんだよね。
エントロピーの法則っていうのがあるんだけど、そこにあるものは形を経て無くなっていくというの流れ
断捨離はこの自然界の流れを強制的にするから試練が訪れるってわけです。

ただね。自分が成長するならいいよねって話です。

それに、天も超えられることを信じて与えてくれるわけです。
なら超えた方が特だよね。

前に進みたい人は是非、好転反応を意識してチャレンジしてみよう。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。