時間が早く過ぎると感じるのは感動が足りないから|充実感を意識したい

メンタル・健康

充実感とはどんなものか?

このブログはこれらの人に向けて書いてます。

年々時間が早く感じられる人
充実感とはどんなものか知りたい人
楽しく生きたい人へ

ジャネーの法則とは…

なぜか、大人になると時間が早く感じる。
そう感じる人も多いんじゃないだろうか。
実際、ジャネーの法則で証明されているんですよね。

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。   wikipediaより

つまり、生きてきた年数によって1年の相対的な長さがどんどん小さくなることによって、時間が早く感じるということです。

ぼくも幼少期に比べて、30代はあっという間に一日が過ぎていってる気がしていたんですよね。

実はこの法則によって証明されているわけです。ただこの根本の理由については知らずにいたんですよね。ジャネーの法則に書かれていますが、同じことを繰り返して、新鮮味がなくなるから。位の感覚だったんです。

時間が短く感じるのは感動が足りないから

でもね、タイヤ交換をしながら良く行くスタンドのおじさんと話していたらこの話をしてくださいました。

お前な!小さい時って、すごく時間を長く感じなかったか?あれはね、感動が沢山あったからなんだよ。
感動って何も楽しいことだけじゃなくて、苦しいことも経験することで感動することが沢山あったと思う
実はこれが充実感に繋がっていたんだよね。

ぼくはこれを聞いてハッと!したんです。
確かに言われてみたらそうだなって!!

小学校の頃は、毎日が充実に満ちてた。お金は無かったけど、経験することが全て新鮮味があって感動があったんですよね。大人になると世の中のルールである常識が理解できるようになって、固定概念によっていい意味で冒険しなくなるわけです。冒険しないということは思考を停止するということ。

確かに法律を守りながら生きることは大切ですが、何気ない日常をぼーっと過ごして居れば時間はあっという間に過ぎて行く。時間は本当に寡黙ですから、意識しないと勿体ないんですよね。

そういえば、羽のない扇風機で話題になったバルミューダーという会社の社長さんがこんなこと言ってました。
愉しいとは苦しさが前提に来ることだ。

自分が好きなことで仕事をするわけですからね覚悟がいるわけです。それに、この愉しいとは幼少期の頃で言えば、感動がある状態です。

感動があるからこそ、充実感を感じて一日を長く感じられるんですよね。

充実感を意識するために、感動のある生活を送りたい

ジャネーの法則によると、20歳をピークに一日があっという間に過ぎて行くように感じるそうです。

幼少期の頃の希望に満ちた想いは消え、社会の常識に染まっていく。その過程で、新しいことをする感動ではなく、当たり障りのない行動に変わっていく。世間の大人の印象を保とうとするわけです。

ですが、実際はそれが時間の経過を加速させているんですよね。

何もぼくは非日常を味わえって言ってるわけじゃないんです。

・小さなことでも感動できること。
・相手を受け入れることが出来れば、感動は確実に増えていく。

そう思うんですよね。

人生を少しでも充実感に満たしていくなら、感動を意識して行動してみてくださいね。
そうしたら、貴方にとっての一日は昨日より充実することと思いますよ。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。