成長すればするほど相手から見る自分は等身大から遠ざかっていく。

メンタル・健康

等身大の自分ってなんだろうね。

このブログはこれらの人に向けて書いています。

成長する意味を知りたい人
等身大って何って思う人
・友人から等身大の自分ってかけ離れているよね。って言われて悩んじゃった人

はっきり言うけど、等身大の自分って一生拝むことは出来ないよ(笑)

成長すればするほど相手が見るギャップはどんどんかけ離れていくんだからね。
言い換えれば、今まで仲良かった人とアンテナが変わったってこともあるかな。
だから気にしないでいいんだよーーー

実はぼくも結構言われたりして悩んでいた時期があったんだ。

ただ言えるのは、貴方が成長しようとすればするほど、相手(友人を含む)は貴方のことを理解できなくなるってこと。

毎日会って会話しているならまだしもSNSを通じて会っているだけだったら分からなくても仕方ないんだよね。
そんな人にこのブログを読んでもらえたら嬉しいです。

友人が貴方にアドバイスをする理由


人脈の中に圧倒的に年上の先輩が多いぼくは良くアドバイスをして頂きます。
一時期は自分で求めたりもしたかな。
聞くたびにどうやって自分に落とし込もうかばかり考えていましたよ。
でもある時に無理!って思う時がやってきたんですよね。

この無理って解釈すると、
相手は自分のフィルターを通して、貴方に良くなってほしいと思って伝えてくるってことですよね。

つまり、相手から貴方は期待されているからこそアドバイスをされるんですよ

ただここで忘れちゃいけないのは、
相手は貴方のことと言いながら、基本的に自分の考えを伝えているに過ぎないんですよね。

だから受け入れられなくなる日が来るのは仕方がないことなのです。だって、自分とは違う考えを伝えてくることも少なくないんですからね。

そんな時はね、相手の考え方にスルーしちゃえばいい。

相手は自分の考え方を伝えているに過ぎない。だから今の自分に必要ないなと思ったら、心の底でバイバイしちゃえばいい。

期待するのは勝手だけど、その期待に応える必要もないんだよね(笑)

成長したいと思えば、時間はかかっても成長する


ネタになる投稿があったら、投稿したくなる癖があるぼく。
だからすぐさまSNSに投稿しました。
そうしたら反響が凄まじかった。なんせ美人の方がたくさんコメントしてくれるんですもんね。
これはもう鼻の下が伸びそうでしたよ。

でもね、そんな時にぼくの成長を影ながら応援してくれた先輩がこの写真を投稿してくださいました。

誰、この左側にいる気持ち悪いやつ。あ、ぼくですわ(笑)今からは想像しがたいかもしれませんが間違いなくぼくです。

先輩は投稿する時に比較のため載せておくと書いて投稿してくださったんですよね。

あの頃のぼくがあるから今があるわけなんです。

今可愛がってくれる先輩は当時のぼくの姿を知っていた人なんですよね。

だから面白がって投稿してくれたり、初志貫徹。最初の気持ちを忘れるなよってことを伝えるために投稿してくださったりするんです。
もう一度載せますが、3年前はこれから

今のこれになるわけです。

どうですか!?信じられますか。
でもこれが正真正銘のぼくの姿なんですよね。

等身大の自分なんかありえない。成長する意味とは


如何でしたか。ぼくの成長を写真を通じて見てもらいましたが、正直言ってどうですか。

3年前に今のこの姿は誰か想像出来た人がいらっしゃいますかね。多分居ないと思うんですよね。だって、ぼくも想像してなかったから(笑)

ただね、これだけは言えるのが
ぼくは成長しようともがき続けたこと

これが今のぼくを創り出しているのは間違いないんですよね。

つい最近も等身大の自分じゃないね。何か最近偉そうなブログを書くよね。

なんてしれっと言われたりしますが、それはぼくが自分の憧れる人の行動を真似している中で学んだことを書いているから、相手が分からなくても仕方がないことなんですよね。

だって、人は自分ほど可愛い人間はいない。
それに、TOCで言われてますが、人は善良である。いい人なんですから。

間違ったことは何も言ってないんですよね。
ただあなたの解釈とぼくの解釈が違うだけにすぎないんです。

だからこれからももっと貴方が知らないぼくを見せていくことになるんでしょうね。

尊敬する相手をモデリング(真似)すればするほど相手から見る自分は
等身大とはかけ離れていくんですから。

でもいずれその行動がオリジナルになる日が来るんですけどね。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。