仮想通貨が未来のお金になる日!?

資産運用

未来に紙幣のお金は無くなるかもね!

このブログはこれらの人のために書いてます。

仮想通貨について知りたい人
・未来のお金の行く末に興味を持っている人

もう新聞でお馴染みの仮想通貨。ビットコインを知らな人は恐らくいないと思う。
新聞やメディアで取り上げられ続けて、名前の価値だけで一時200万円に到達してしまったのだから。

だから、言葉自体は知っている。でも仮想通貨ってなんなの?と思っている人が大勢いるのではないだろうか。
仮想通貨は未来の通貨に変わる可能性を秘めているお金なのだ。

実際にぼくも去年くらいから少しずつ買い増しをしている。可能性に対して投資をしているのだ。

まず仮想通貨だが、そもそも通貨の定義を知らない人のために解説していこう。

仮想通貨の定義


簡単にいうと、インターネット上で取引されるお金のこと。ただしお金といっても、紙幣や硬貨などではなくインターネット上にあるデーター化されたお金。

その中で世間でお馴染みのビットコインがあったり、最近では、銀行間取引のイーサーリアムも名前が登場するようになってきている。別名暗号通貨と呼ばれ、ネット上の複雑な暗号によって管理されているお金のこと。

そもそも
お金(通貨)はなぜお金として価値があるのか。

現実世界によって様々な物を買うことができる信頼を持っているからこそ価値があるのです。

この信頼を作っているのが、何を隠そう各国の中央銀行なのです。日本銀行が「独占的に発行している銀行券」により価値が明確になります。1枚あたりの単価が60円でも1万円として価値があるのはそのためです。

だから、商品が欲しい時に信頼をお金と交換することができるのです。

ちなみに、お金は発行することにより、価値を上げたり、下げたりできますが、仮想通貨は発行枚数に上限が設けられているため、価値が守られています。

おい、それだったらなんであんなに乱高下するんだとお考えの方もいるでしょう。

それはね、まだ価値が定まっていないからに他ならないんですよね。
国が決めたものではなく、あくまでネット上にあるものだから、各国もお金として容認(認められていない)していないわけです。
その証拠に仮想通貨で設けたお金は雑所得扱いにすると報道がありましたよね。

雑所得とは、競艇や競馬、FXのようにギャンブルで稼いだお金にかけられる税金のことです。

だから、まだまだお金としての価値は定着していないのが現状です。

仮想通貨を支えるブロックチェーンとは


IT技術によって、通貨の「希少性」と「偽造の難しさ」を実現したものである。
簡単に言うとね。

「AくんがB君にコインを一枚渡した」とすると、そのことが帳簿に電子的に追記される。こうしてコインのやりとりされる度に、一つの共通の帳簿に記録されていくのだ。

この仕組みそのものをブロックチェーンって言うんだよね。

仮想通貨は未来のお金になりうるのか?


コインチェックで話題になった仮想通貨。
今回の一件を紐解くと、金庫を破られたコインチェックにこそ責任は存在している。しかし、メディアはこぞって仮想通貨の問題点も指摘しているように思える。確かに仮想通貨については未知数であり、国からの信頼も得られてない。

また、仮想通貨の理由の多くが短期売買を目的にした。いわゆる「投機の市場」になっている点も否めない。

国から信頼が得られていない以上、価値の変動が激しく、通貨として実用性も低いのもこれまた事実。

だが、暗号通貨作り出す通貨は未来への可能性を秘めているものであるのだ。

・VR(仮想世界)に使用できる通貨になるかもしれない。
・仮想通貨のブロックチェーンを活用することで、行政の役割を担えたりする。

暗号技術によって無限大の可能性を秘めている。しかしだ、現状のままのビットコインのようなものだと将来性は低い。
また従来のお金持ちはお金という紙幣にこそ価値に重きを置いていたりもする。果たして、承認するのだろうか。

仮想通貨に関しては今後も目が離せなさそうだ。

参照書籍

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。