SNSはイジられたもん勝ち|メンタルを強くする秘訣

メンタル・健康

SNSを活用してメンタルを鍛えよう!

このブログはこれらの人に向けて書いてます。

メンタルを鍛えたい人
SNSの活用方法を知りたい人

いじられることに嫌悪感を抱く人は少なくない。
事実、ぼくだってSNSでイジられている時はいい気がしなかった時もあったからね。
でも、ある時に気付いたんだ。
視点を変えればSNSは最大の武器になる。自分の素直を最大の武器にしようって思ったんだよね。

そんなぼくは誰に対してもお世辞も言わないし、頑固だ。
自分で言うのも恥ずかしいが、それでも何故、沢山の人が愛してくれるのか。

素直と正直者は紙一重であるが実際は大きく異なるもの


素直と正直者は紙一重であるが実際は大きく異なるものに書いてあるが、素直であったからに他ならない。

素直であれば相手は快く受け入れてくれる。その上で実際のぼくを見て考えればいい。

ぼく自身がSNSに対する捉え方を変えてから、最大限活用しようと思ったのです。
でも、お世辞にも上手く活用出来てるかと言われたらそうじゃない気もするけど、それでもいいんだよね。
相手が喜んでくれればそれでいいから。

メンタルを強くするために考えたいこと


メンタルを強くしたければ、相手の言ったことに対していちいち反応しないことだ。
何せ相手はあなたに対して、ただ思ったことを言っているに過ぎない。だから悪気がないんだよね。

先日のことだが、

SNSに月に一回メンタルの調子が狂うって書いたら、
アラフォーの主婦のお友達から「あつし!それ生理じゃん」と言われたり、
フリーwifiに制限が掛かったので、340G使っちゃいましたって投稿したら、
エロ動画か。と突っ込まれたり。もう正直何でもありです。

フェイスブックは顔見知りで認証をかけているので、知らない間柄ではないんです。
でもね、ぼくはまだ独身で他の女性の方も見てくれると思うんですが、まー容赦ないわけです。
ただ、そんなぼく自身にも投稿の仕方に問題があると思いますがね。

最初は嫌悪感もありましたが、今では正直どうでもいいと思う自分の感情が羨ましいですね。
もうドンと来いって感じです。

SNSはイジられたもん勝ち


お金を稼いでいる人や大手企業に勤めている人はブランディング(他人にどう見られているのか)を意識する必要があると思いますが、ぼくには関係ないんです。まだお金を稼げていない。大手企業に勤めているわけでもないんですからね。

だから気兼ねく投稿して行こうと思うんですよね。
ぼく自身の投稿に興味を持てばコメントをくれる。これだけで次回会う時のネタになったりするわけです。
だからフェイスブックには嘘偽りのない自分を投稿しているんですよね。

出来ない自分もOK
出来ている自分もOK
全てOKなのです。

ただね。困ったこともあるんですよね。
SNSでコミュニケーションだけしている時に初めて会って「SNSと違いますね。」なんて言われたりもします。

毎日会っているわけでもないので人となりが分からなかったりするんですから仕方ないかもしれません。
でもぼくはそんな時でも、平然とこれもぼくですからって伝えちゃいます
なんせ、この投稿も含めてぼくですからね。

SNSを活用してメンタルを鍛えよ


SNSがあることでメンタルは簡単に鍛えられるようになりました。

自分の弱いところを曝け出すと、一緒になって考えてくれる人
ぼくのように先輩から適切なアドバイスをいただける人

出来ないと宣言するだけで、手を差し伸べてくれる人は沢山います。

SNS開始当初はネガティブな投稿ばかりしていたこともあって、辛辣なコメントを頂いた時期もあります。

でも、それを乗り越えてきて今があるんです。だから今どんなコメントを投稿されてもいいんです。
メンタルも鍛えられるのでね。

ふかい

どうせ無料で活用できるんだったら、SNSを活用してメンタルを鍛えたらいいと思うけど、どうよ。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。