複利効果の大切さ|知識が知恵に化ける

資産運用

知識を吸収するほど複利効果の大切さを知る

このブログはこれらの人に向けて書いてます。

複利効果の大切さを知りたい人
知識を吸収する意味を学びたい人

誰もが知っている天才物理学者「アインシュタイン」

万有引力の法則を発見したことで有名だが、それともう一つこの世の中に大切な物を発見してくれた人物なのだ。
資本主義の世界において誰もが活用をして、富を増やしている。それが複利効果なんだよね。
そして複利効果はお金にだけに留まることを知らない。この世の中ありとあらゆるものに適応されるのだ。
何気なく学んでいる知識も学べば学ぶほど知識を突破して、知恵になって複利効果が発動される。

これがいわゆる知識の複利効果だ。

複利効果を活用することで、衰えを知らない頭脳を作り出すことが可能になるのです。

もし自分が苦手だと思うなら、得意なことだけをひたすらやってみたらいい。
ある時に限界突破を肌で感じたら他の好きなことに挑戦してみるといい。そうすると関連付けがどんどん太くなってくるからね
大切なのは、一度やったらとにかくやり続けることに他ならない。
好きなことをし続けることでいずれ形になってくる。

という訳で今回は複利効果を解説していきます。

複利効果ってなんだろう?


ある時を基準に雪だるまのように増えるので、雪だるま方式って覚えてもいいかもね。
複利は主に投資で用いられることが多いので投資で説明します。

一言で言うと、
利益を投資に回すことでどんどん投資額が大きくなって、その分リターンも大きくなる効果です。

図で言うとこんな感じ

利息をさらに元本と合わせて投資をすることで莫大な効果を生み出すの複利です。

少ないお金だと期間は掛かりますが、それでも10年以上の期間で投資をし続けると複利効果がやってくるんです。
つまりお金がお金を生む状況になるんですよね。
実は投資家の皆さんは、複利効果を活用してお金である資産を増やしているという訳です。

近年で言われる世界に流通しているお金と実際のお金の価値が乖離(かけ離れている)という記事も見ますが、これは複利による効果も大きく影響していると考えられるのです。

さて、お金の複利はこれくらいにしておいて、知識の複利の話に戻します。

知識の複利によって知恵に化ける


毎日何気なく勉強していて、ある時にこれ、あの話だって繋がることはないですかね。
あれとあれが重ねってこうなる。

勉強すればするほど、紐付け、関連付けが太くなるんですよね。
知識と知識を掛け合わせることで知恵になる。

実は最初は何気なく興味を持って勉強していても、ある時にその効果が発揮される
これが知識の複利効果になる訳です。つまり知恵に化けた瞬間なんですよね。

ちなみに知識の複利効果が発揮されると脳がどんどん若返るそうです。
ずっと脳に知識を投入しているんですから当然といえば当然でしょうね。

世界で最も有名な投資会社のバークシャ・ハザウェイ社のウォーレン・バフェットの相方であるチャーリー・マンガーは知識の複利をこのように語っています。

頭が一番良いわけではないのに出世する人はよくいます。時には最も勤勉ですらないこともあります。ただ、そういう人は学び続けています。彼らは朝起きたときよりも寝るときのほうが少し賢くなっており、特にそれを長く続けた人は、それが大きな差になります。

もし文明は高度な発明がなければ発展しないのならば、人も学びの方法を学ばなければ向上することはできません。私の長い人生でも、継続的な学び以上に役立ったことはありません。私はこれまでずっと学際的な手法を実践してきましたが(しないでいるとできなくなります)、その効果は言葉ではとても説明しきれません。人生がより楽しくなり、私はより建設的になり、より人の役に立てるようになり、ものすごい金持ちになれました。

とにかく大事なのはその姿勢です。 ――チャーリー・マンガー(2007年のUSCロー・スクールでの講演)

知識欲があなたの未来を明るくする


御年93歳のチャーリー・マンガーは92歳の時より賢くなったというそうです。
実際どうですかね。あなたの周りにいる人で92歳で生き生きしている人は知っていますか。
知識欲でどんどん脳が若返る。なんなら一番の健康法かもしれませんね。

余談ですが、音読をすると表情筋を使うので、笑顔の練習に良かったりしますよ(笑)

話を戻しますが、しかも読書は脳に与える影響も大きいんですよね。
ユダヤでは幼い頃から自分で本の読み方を学ぶため音読を徹底するそうです。
僕も最近になって自分の本の読み方が理解できるようになりました。
もうこの知識の複利の差は大きいんですよね。
だから僕も取り残されないように一生懸命勉強している訳です。

ネットの普及によって知識が簡単に手に入る時代になりましたよね。
でもそれは表面的な情報ばかりで、浅かったりするんですよ。
自分で調べてこそ、本当の意味が分かるんです。
ネットの情報に依存せず、自分で本を読むことは大変に重要です。

ふかい

知識を吸収し続けて雪だるまのように増やして、知恵にしてこそ、将来の明るい生活は待っているのかもしれませんね。

複利の効果を大切にしていきましょう。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。