片付けるのが苦手だからこそ、増やさない!汚さない!

資産運用

片付けるのが苦手な貴方に是非読んでほしい!

このブログはこれらの人に向けて書いています。

・物を増やしてしまう人
・片付けるのが苦手な人
断捨離について知りたい人

物があることで安心する人は整理して見たらどうだろうか。
そう思うキッカケをくれたのが親友だった。
歳を重ねるということはどんどんスマートになっていくことじゃないのか。
思考は整理され、物も整理されていく。ふと漏らした言葉をぼくは聞き逃さなかったんです。
その頃のぼくの部屋はすごく汚れていた。見て見ますか。覚悟してね(笑)

マジかよ!汚いなー物が一杯溢れていて、どこに何があるか、正直分からない。
足の踏み場がない状態がそこにあったんですよね。

あ、今住んでいるところも実家の部屋も綺麗ですよ。2年近くかけて断捨離を重ねましたからね。
だからもう汚さない。汚すことの怖さと片付ける難しさを知っているから。汚さない。
物を増やさないことは心を穏やかにするだけじゃなく、無駄遣いをしないことから資産運用にも繋がると思いこのブログを書きました。

断捨離は心を綺麗にする

物がある状態から物がない状態は心のあり方に似ている。
物がある状態は複雑であり、物がない状態がシンプルである。
何故か。物がある状態はそれだけでストレスがかかっている状態ですよね。
ストレスが掛かるとは余計な所に力が入っているというわけです。つまり無駄なエネルギーを使っていることが多い。
実際、壁に貼ってあるポスターがあるだけで人間の判断能力は低下するそうです。
だからこそ、シンプルにしたほうがいい。どこに何がある。悩まずに済むもんね。
とはいえ、昨日wifiを会社で無くして焦っていたんですけどね。


こういうのに限って反応良いんだよね(笑)

世の中で成功者と言われる方々の多くはシンプルな生活をしていることが多い。
それはシンプルが成功になる秘訣だと理解しているに他ならないのではないのか。
ぼくは友人の一言が本当に響いたんですよね。

物は何も見える所だけとは限らない


PCもGWに入る前に音楽データー以外は全て整理しました。
後は住んでいるアパートの備品を整理したら、一通りの断捨離は終了です。
今のぼくの本棚はこんな感じ。また増えると思いますが、それでも知れてると思います。

どうでした?綺麗でしたでしょ。一昔前のぼくだったら絶対に出来なかったことです。
断捨離って何も見えているところを綺麗にすることじゃないんです。
データーの資料だったり、昔は必要だったけど今は必要のないもの
実はそこにもストレス、エネルギーが掛かっている状態なんですよね。
そんな状態からも解放されたかったので、今見ないものは全てお別れしました。

断捨離のポイント


大好きなぬいぐるみとお別れをして、ひとときはきつい状態でした。
でも、今はその状態からは克服して、成長出来ました。
ポイントは今必要かどうか否か
だけではないでしょうか。物を捨てるのは勇気がいることです。

ですが、物がある状態だと余計な所にストレスが掛かっている状態だったりするのです。

今、真剣に取り組みたいことがある人、
これから何かに取り組もうとしている人

特に整理(選ぶ)をオススメしますね。何もこれは物だけじゃなくて、人にも言えたりするんですよね
だって、レバレッジが掛かっている状態は良くないですからね。

レバレッジとは経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。 原義は「てこの作用」

つまり、リスクが掛かっている状態です。このリスクは時間とメンタルだったりするんです。
相手の時間を奪わないことが自分の時間を大切にすることに繋がる。だからこそ選ぶことは大切だったりするのです。

片付けるのが苦手だからこそ汚さない


汚す怖さと片付ける大変さを知っているからこそ、汚さない。
そうすると余計なものを買わなくなるんですよね。
どこにものがあるか把握出来るからこそ、探す時間を無駄にしないし、必要最低限なので、余計なものも買わずに済む。
つまり、経済的だったりするわけです。時間とお金を大切にすることで資産運用にも大きく関わってくる。
その上で心まで綺麗になる。
断捨離ってすごいと思いませんか。

でも、これは貴方だからこそ出来るんでしょ?なんて言われても困りますから言いますけど。誰にでも出来ることなのです。
大切なのは将来を考えてこうなると信念を持つことではないでしょうか。

ふかい

綺麗な部屋で食事をして、仕事をすれば、それだけでクリエィティブな発想になる。ただものを片付けるだけですよ。これほど経済的なことはないと思うのです。

大切なのはこうなりたい!と思う信念。
ぼくでも出来るんですから、きっと誰にでも出来ますよ。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。