生命保険入る前に知っておいて欲しいこと|公的保険の存在

資産運用

高額の生命保険に入ろうと思った貴方

このブログはこれらの人に向けて書いてます。

・民間の高額生命保険に入ろうか悩んでいる人
・民間の生命保険を見直したい人

日本における保険の存在


誰も知っている保険。特に生命保険になれば高額になったりするケースも珍しくない。

日本では入っていることへの安心感からか万が一の助けとして加入しているケースも多々ある。

なんか身体の調子が悪くなったら飲む薬に近いんだろうね。あったらあったで便利だけど、飲むと身体を弱くなったりする。

保険も一緒でとりあえず入っておけばいざという時に役立つ。でもそのいざっていつなんだろうね。

きっと、公的保険の存在を知ってしまった貴方は保険の存在を見直さずにはいられなくなるに違いない。

公的保険の存在

日本には治療費を3割負担にしてくれる健康保険があったりするように、遺族年金や障害年金があったりする。

これらの年金のこと公的年金といい、国が一定期間ではあるが面倒見てくれる保険だったりするのだ。

簡単に紹介することこんな感じ。

この中で良く知られているのが、遺族年金や障害年金ではないだろうか。

遺族年金は…世帯主が亡くなった時に、遺族に支払われる年金のこと
障害年金は…病気やケガで障害(精神病含む)が残り、障害認定を受けたときに支払われる年金のこと。

これらの年金も私たちが何気なく貰っている給料明細書にある「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」からしっかりと蓄えられている保険なんですよね。だから活用しないと勿体ないのです。勿論当事者になったらの話ですが、知らないと知っているのでは雲泥の差ですよね。

では

民間の生命保険はどのように組めばいいのか?

一般論ですが、後何年の支払いがあって、生活費がこのくらい掛かるからということで0000万円の生命保険に入ろう。そう考えるのではないでしょうか。

ふかい

でもね。ちょっと待って欲しいんですよね。国の公的年金には遺族年金があったりするんですよね。

・遺族年金の金額
・勤め先の福利厚生
・現在の貯蓄

を確認した上で、足りない分を民間の保険でまかなう。そんな発想をして欲しいんですよね。

また、65歳以降になると、「老齢年金」が死亡するまで給付されるため、長生きのリスクに備えている保険といえます。

ただし、公的保険にも例外が存在します。

公的保険の例外について

フリーランスや自営業者については失業給付や傷病手当金といった保証がありません。
また、障害年金も遺族年金も会社員より少なくなるので、自ら投資をするなりの蓄えが必要となってきます。

公的保険の存在を知って正しく活用しよう


公的保険は医療費から失業まで幅広い分野が対象であり、民間への保険に加入する前でも確認が出来ます。

国の景気が悪くなってきたとはいえ、人口が増えたからこそサービスは実現しているのです。

将来の先行きが不透明であったりしても、サービスは健在だったりするのです。

将来のことを考えて人生設計することは勿論ですが、やたら高い保険をかける必要がないとも思うんですよね。

それに、日本人はお金に対するリテラシー(活用する力)が低くかったりするのです。

そのため、万が一、旦那さんが亡くなって5000万円が入ってきたとしても正しく活用出来るか分からないんですよね。

実際に、保険金で人生をダメにしたケースも多々あるそうです。

自分の生活に支障を来さない範囲で必要な分の保証を民間で考えることが望ましいと思うわけであります。

参照先

日経ヴェリタス2018年4月29日付 
新入社員とお金 公的な保険を知ろう より

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。