松本は人と人がご縁で繋がる街|長野県松本市

姓名判断

松本は人と人が繋ぐご縁で繋がる街

松本は学べる都市として、文化が育む街、楽都(がくと)として呼ばれ愛されています。

姓名判断の視点で松本を分析すると面白い答えが出てきました。

実は、松本は人口減少で囁かれる中、行政サービスを維持したまま、残せる街だったりするのです。

では松本の姓名判断とはどういうものでしょうか。

松本を姓名判断で調べてみると

総格が13画で人気があって、社交運も良好。学芸の才能を有する大吉とのこと。

実は画数からも松本は学びや文化に対して精通している街と導き出されているのです。

つまり、人と人が繋ぐご縁で豊かになると出ているんですよね。

こじ付けが強いかもしれませんが、実際に松本は人と人が繋ぐご縁の街なんですよね。

松本は人と人が繋ぐ街であり、ビジネスするなら打ってつけ


画数で調べてみると面白いのが、悪い画数が出ているところは行政が多額の負債を出しているところだったりするのです。

余談ですが、東京「銀座」の総格は24画であり、意味は豊潤なる宝財の恵与ある大吉祥数

銀座はご存知の通り、四方から財物が集まってくる幸運数であり、著しい発展を遂げ、莫大な財を築いています。

一方、松本は言うと、少子高齢化社会を迎えても、行政サービスが維持できる街として第三者機関からの調査で回答が出ています。

ぼくが住んでいるところは梓川ですが、安曇野と松本へのベットタウンになり、10年で1.5倍以上の人口が増加しました。

本業である新聞は減りはしても、若い世帯が未だに家を建てている現状があるのです。

どんなに素晴らしいビジネスがあったとしても人がいないと成り立ちませんよね。

そして、沢山の仲間もいないと立ち行かなくなることは目に見えています。

松本は人口が減少する時期にも生き続けるのです。

ふかい

これから人と人を繋ぐビジネスを考えている方は是非松本でビジネスをしてみたらどうでしょうか。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。