関心を持たれるようになったら成長している証

メンタル・健康

信頼は関心を通して生まれてくる

誰よりもモテるようになりたい。

モテることで沢山の人から関心を集めることが出来るからだ。

だからと言って、異性にチヤホヤされたいかと言われればそれも違う。

もっといえばどんな人とでも関われるようになりたい。

そうすることで常に自分が考えから脱却出来ると考えているのだ。

このブログは、関心を通して得られるモテる方法を書いていく。

さて、モテるようになるためにはどうしたらいいのだろうか。

常に自分が磨き続けることにあるのではないか

自分を磨くということは進化を意味している。


毎日毎日が成長し続けることで、相手が貴方の努力を感じて、より一層の魅力を伝えられるようになるのではないのかなと感じている。

そんなぼくはというと、するべきことに焦点を当てて、結果を出すことに集中している。

途中で心が折れたり、横槍が入ろうともめげずに毎日を過ごしている。

楽しいと思う反面、まだまだだなと思う自分に苛まれる時も多々ある。

この社会では残念ながら結果が全てであり、お金を稼いだ者が評価される。

だからこそだろうか。自分に求められている重責も日に日に重く感じられるようになっている。

途中で横槍が入ろうとも、自分が好きなことをしてこそ、人生ではないのか。

そう思い実行することで、自分の人生を叶えようとしている最中なのだ。

叶える過程で人は幸福を感じ、一生懸命さが自分磨きを増すことになると思うのだ

常に自分が見られていることを自覚する


モテる人間ほど、自分が他人からどう見られているか自覚している。

これを自己ブランディングというが、他人からどう見られたいかを演じることによって、希望する自分を魅せることが可能になる。

自分を磨きをすることで、昨日より今日の自分が自信で満ち溢れるだけでなく、見られたい自分へと変化していく。

大抵の場合、自分が思っていない観られ方をしているのがほとんどだ。

でも残念なことに、他人からどう観られているのかが社会的な評価、強いては客観的な視点として活用出来るのだ。

もし、友人から「指摘されたことがあったら、出来てないと自覚するのが賢明である」

他人は貴方の社会的な評価の一役を担っているのだからね。

モテるようになる真意


モテるようになりたければ、他人に寄り添うと同時進行で自分を磨く必要がある。

磨き方は何も難しく考える必要はなく、自分が生涯を通して向き合っていきたいモノやことに真剣に取り組むだけの話である。

命をかけて勉強したいことに真剣に向き合うことで新しい世界が見えてくるのだろう。

そうすることで、個性が開花して、変わり者でありながらも関心を集める事が出来るのではないだろうか

つまり、貴方が関心を持たれるようなった証なのだ。

すなわちそれは貴方自身が成長しているに他ならない。

ふかい

モテる(関心を持たれる)ようになりたかったら、自分の成長を考えて磨いていこう。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。