ユニクロで買った要らないお洋服はユニクロでリサイクルしよう。

メンタル・健康

ユニクロで買ったお洋服はユニクロに持って行ってね

日本でユニクロで服を買ったことがない人は居ないと思う。
国道や主要の県道を車で走らせて入れば、目に入ってくる。
それだけ日本の衣料業界に多大な力を持っているんだよね。

そんな誰もが一度は行ったことがある「ユニクロ」

実はユニクロではリサイクル・リユーズ活動を活発にしていることはご存知だろうか。
おそらくあなたの家にもユニクロで不要になった衣類があると思う
そんな時は是非、最寄りのユニクロに行ってリサイクルボックスに不要な衣類を投函してほしいと思う。

貴方が要らない服を必要としている人を助けることが出来るんだからね。

貴方が着ないお洋服は誰かが必要している


いつかは着るだろうと思っている服を大切に保管していないだろうか。

もし、1年間、袖を通すことがなかったら捨ててもらえたらと思う。

人間が自分にとっての幸せを追求するように、お洋服は人に着られることで幸せを追求している。

物だから心がないと言えば、それまでだが、大切にしたいと思うのなら自分がお洋服の気持ちになって考えてもらいたい。

たとえ、貴方にとって不要な物でも誰かが必要としているんだからね。

ただ、廃品回収で捨てるなら、自分の次に使ってくれる人のためにリユーズを意識して、リサイクルしてもらいたい。

お洋服とお別れすることは心の中も綺麗にしている。

断捨離という言葉を聞いたことがあるだろうか。

物や心など、自分が何気なく囚われているものと客観的に向き合い手放すことをいう。

実はものとお別れすることによって、心のスペースが生まれるとされている。

不安な人ほど、物に囲まれている傾向にあるという。

自分で選択をして、お別れすればするほど、出会いが沢山やってくる。

断捨離は切り捨てることではなく、自分の感情を受け入れて、次に入ってくる準備のようなものなんだよね。

ユニクロでお洋服とのお別れの仕方


手順は至って簡単だ。

最寄りのユニクロに行って、このリユーズボックスに投函するだけ。

後はユニクロが仕分けをして、必要なところに届けてくれる仕組みとなっている。

ふかい

自分が来ない服でも誰かは必要としている。

ただ捨てるくらいなら是非、ユニクロに持って行ってほしい。そう思うのだ

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。