お金ってなんで生まれたんだろう。

資産運用

お金はなんで生まれたんだろうね

ぼくたちの生活に無くてはならないもの。それがお金

お金ってなんで生まれたのか知ってる??

実はね、お金はぼくたちが欲しいものを手に入れやすくするために出来たんだよね。

古くは紀元前2000年ごろの古代文明でも使われていたんだよね。

欲しいものと欲しいものをスムーズに交換するために出来た人間の中でも優れた発明になっているんだ。

お金がない頃は物々交換が当たり前だった。


物々交換(ぶつぶつこうかん)とは、相手が欲しいものと自分が欲しいものを交換することを言うんだよね。

例えばぼくが肉を欲しがっていて、相手が魚を欲しがっているとする。

ぼくが相手の欲しい魚を持っていたら交換できる。

これが原始時代には当たり前だったんだよね。

でも相手がぼくが欲しい肉を持っているかは見てみないと分からない。

鶏肉かもしれないし、豚肉かもしれない、ひょっとしたらステーキにしたくて牛肉が欲しいかもしれない。

そして、ぼくも相手が欲しがっている魚を持っているかは分からないんだよね。

シャケが食べたくても、さんまやさばを持っていたら交換してもらえない。

それに、生の肉や魚だったら時間がすぎると腐っちゃったりするよね。

この悩みを解決するためにお金が生まれたんだよね。

それで保存しやすいものとして、貝殻や石、布、塩、米などが使われるようになったんだ

お金ってなんで生まれたんだろう。まとめ

お互いに自分が欲しいものの手間や時間を解決するために出来たのがお金。

お金によって物と物が無くても交換できるようにしちゃったんだよね。

これぞ人類最大の発明って言えるんじゃないかな。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。