お金の値段は誰が付けるんだろう|信用とはなんぞや

資産運用

お金の値段は誰が付けるんだろうね

石のお金は石を切り出す技術やお金に加工する技術、そして海を越えて運んでくる時間や手間などを考えて値段が付けられていたんだよね。復習だけど、技術や手間などの値段が価値として考えられているんだ。

でも現代のお金は誰が価値を付けているんだろうか

疑問に思った人もいるんじゃないかな。

このブログではお金の値段、つまり信用について書いていくぞい。

お金の原価はいくらだろう


一万円の原価は20円

あの薄っぺらな紙切れが1万円の価値がある。

ちなみに作る費用、1枚あたり原価は20円しかかかっていないんだよ。

一方で1円玉ってね、一円以上作るのにお金がかかるんだよね。

だから作れば作るほど赤字だったりするんだ。

とはいえ、原価が20円が1万円の価値があるんだろうか。

実はね、日本では信用があるから1万円として認められているんだよね。

外国で1万円を出しても価値がなくても、日本だったら1万円として使えるってわけなんだ。

信用の意味ってなんだろう!?


信用はね価値が確かなものだって認めてくれることなんだよね。

ではこの一万円の価値はどこの誰が認めてくれるかってことなんだけど、日本で唯一お金を刷ることが出来る日本銀行が認めてくれているんだよね。

認めてくれているからこそ、価値として日本中で受け入れられているってこと。

お金の値段は誰が付けるんだろうか まとめ

お金の価値は日本銀行が信用してくれているので日本では受け入れられているんだよね。

だから外国では全く価値がなかったりする。認めてくれていないからね。つまり信用がないってことなんだ。

この信用があることによって、価値が確かなものになるんだよ。

お札を簡単には作ることは出来ないし、そもそも作ったら法律で逮捕されちゃうんだ。

信用があるってすごいことなんだよね。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。