果実を育てることは投資と同じなんだよ

資産運用

果実を育てることは投資と一緒さ

果実を育てることは投資と一緒なんだよね。

あのさ、木になる果実が大きくなった時に収穫するよね。

実が熟した時に収穫する。実はこれって投資と同じ考え方なんだよね。

陽の光や雨などの栄養をもらうことで木の果実はどんどん成長していくんだ。

このブログは投資のことを木の果実が成長することに置き換えて書いているよん

果実を育てるためには時間と肥料が必要


木になる果実を育てるためには長い期間が必要なんだよね。

長い期間をかけて、太陽の光や雨、自然の肥料などを与えることで果実はどんどん成長していくんだよね。

この期間っていうのも、りんごやなし、種類によって変わるんだよね。

与える肥料も果実によって変わるんだよね。

何をどう?育てるかによってすごく変わるんだよ。

私たちの社会もこれと同じで、成長するために肥料となるお金を必要としている会社があるんだよね。

成長するためには時間も必要だけど、お金も必要。そんな社会にある会社の想いを受けて投資家はお金を預けるんだよね。

会社は預かったお金を元に、新しくしたい仕事(事業)をして、形(成功)にしたら、そのお礼として預けたくれたお金に対しての気持ちを乗せて投資家に返すんだよね。

木になる果実も一緒なんだよね。

果実を育てることは投資と同じなんだよね まとめ


自然のルールで、陽の光や雨などの自然の栄養を受けてどんどんと成長していく。

その成長していく流れの中で果実が大きくなっていくんだよ。

ぼくたちは食べごろになったら果実を収穫するだけど、投資家はその果実を元にまた違う果実を作ったりするんだよーーーー

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。