クレジットカードで投資信託が購入出来る時代に突入|tsumiki証券

資産運用

顔が見える運用会社で安心して投資が出来るよ

小売りを手掛ける丸井グループがクレジットカード購入できる投資信託を始める。

狙うターゲット層は20代から30代の投資とは無縁の層だ。

安心できるをモットーに運用会社の「顔」がしっかり見えるところを選んだ格好だ。

tsumiki証券で購入できる投資信託は4本。

少ないように見えるが、全てSNSやホームページを通して頻繁に情報発信をしている投資信託会社だよ。

ぼくもこの投資信託の一つで運用しているしね。

そして何が魅力って証券会社を介さないで投資信託を販売していることにあるんだよね。

このブログは、tsumiki証券が安心できる点について書いて行くよ

若い人の不安を希望に変えていく


若い人は給料が少なくなっている上に、老後に対する不安も大きい。

でも何をしたら良いのか分からない人が大勢いる。

結果として給料が残ったら貯金に回すという事態が起きているのが現状である。

経済がインフレであるなら良いが、将来はデフレになる可能性もある。

現金だけを持っていたら資産を減らすことになりかねない。

そんな人に投資は資産が無くても始められることを伝えていくことで、将来への不安を希望に変えたいそんな想いが込められている。

まさに、丸井グループが掲げる「誰も置き去りにされることなく、すべての人がすべての人が“しあわせ”を感じられる」を実践しているんだよね。

ではtsumiki証券はどんな商品があるんだろうか。見ていこう

tsumiki証券で扱われる投資信託


tsumiki証券は、コツコツ、ゆっくり、自分のペースで出来る積み立て投資の積立投資だけに限定。

それに、選びやすいように数も4つにしています。だから迷わないで済むんですよね。

このセゾン投信、ひふみ投信、コモンズは草食投資隊として古くから活動されています。

この3つの投資信託の大きな特徴として、仲介する証券会社を持たないんですよね。

一般に、投資信託会社は商品を作って、証券会社で取り扱ってもらうのが当たり前だったりするんです。

でも、証券会社を介さないことで、本来なら支払う手数料を大きくカットすることが出来るんですよね。

その上で、手数料の安さや運用実績など金融庁が定めた厳しい要件をクリアし、長期の資産形成に適していると認められたファンドなんだよね。

これなら安心できそうじゃない!?

何!?まだか。

じゃあ、若い人が投資信託する最大のメリットをお伝えしよう。

時間を武器にすることで資産形成が出来る


年収200万円時代に突入しようとする若者は貯金するお金もないのが現状だったりする。

とはいえ、将来に対する不安からお金を貯めなきゃなと思っているはずだ。

でも何をしたら良いか分からないと思うんだよね。

ぼくは自分のペースでコツコツ積める投資信託をオススメしたい。

特に時間がある若者には是非、オススメしたいのだ。

その最たる理由がコレ、複利なんだよね。

積立投資は常にずっと積み立ててる状態なんだよね。本当に必要な時以外、一定額を積み続ける。

そうすると、年月をかけることで、お金がお金を生む世界に突入するんだよね。

これが複利なんだ。

積立の投資信託は、時間があればあるほど優位に働く。

ぼくも実際、積立を24歳から開始して、解約するときはアベノミクスの影響もあってビックリするくらい増えていたんだよ。

会社のお金の関係で一時解約したけど、すごく助かったのを今でも覚えているよ。

現に今でも積立をしてるからね。

ふかい

お金は無くても時間はある。そんな若者だからこそ時間を武器にして投資信託を活用してもらいたいと思うんだよね。

如何だっただろうか?投信信託がクレジットカードで買える時代に突入した。

これはお金に関して大きな一歩になるだろうね。

これを知って、あなたは投資をしますか。それともしませんか。

この記事があなたの資産運用に役立てたなら幸いです。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。