持っていないものを知りたくて数字を基軸しているのさ

メンタル・健康

自分に無いものを知りたかったら目に見えない力を信じて見たらいいよ

社会を生きていくためには目に見える力と一緒に目に見えない力を信じる必要があると思うんだ。

何故なら目に見えることはこの世界で2割ほどしか占めていないんだよね。

では残りはというと、目に見えない力やコトだったりする。

いわゆる信じれば救われる世界だったりもするんだよね。

現実的なものだけに捕らわれてたら目に見えない力を得難いし、目に見えない力だけを信じていたらスピ系と怖がられる。

ぼくが思うにこの両方の力をうまく活用したかったなら、 目標に対する努力を怠らずに、目に見えない力も信じていく

ということだと思うんだよ。

このブログはどのようにして人生に対して数字を活用しているのか。書いていく。
もし、興味があったら真似してみたらいいかもね。

数字を活用するにしても、現実に自分がどのような人間か知らないとお話にならないと思うんだよ。

知っている自分もいれば、知らない自分もいる。両方を受け入れることでより自分を知れると思うんだよね。

姓名判断と誕生数秘術は自分を知るのに有効な手段である

姓名判断

名前を基にどのような性格かを一刀両断していく。切れ味が鋭いものを指す。

ぼくが普段使っているのはこのサイト

姓名判断を調べて思うのは悪いところはとことん悪いって出るんだよね。

だから受け入れる覚悟がないと受け入れられないんだよね。

私は私だからとか、ぼくはぼくだからとか言って見て見ぬ振りをすると時を過ぎて同じことを経験するんだよね。

世の中では返報性の法則なんて言ったりするよね。然るべき時コトが大きくなって返ってくる。

でもさ、あまりに数字がきつかったら凹むよね。でも安心して欲しいんだよ。

ご両親が付けてくださる名前の8割以上は凶数って話もあったりするんだよね。

我が子に付けたい名前を付けたワケであって誰も吉数を考えてつけることはそんなにないからね。

カバラ数秘術


ユダヤ教のカバラ数秘術で生年月日から魂の前世から来世までが一瞬で出ちゃうんですよね。

誕生数秘術は姓名判断ほど切れ味は鋭くない。人は弱みもあれば強みもある。穏やかに伝えてくれるんだよね。

自分の強みを知るにはすごくいいツールだったりもするのです。

姓名判断よりも覚悟がなくても受け入れられる点では、気兼ねなく診断できるのが特徴だよ。

社会人になればなるほど、社会で必要な暗黙のルールを覚えたりもするから、本当の自分って見えなくなったりもするんだよね。

だから、統計学に基づいて自分を知るのはすごく有効だと感じるんだよね。

では知ってからどうするのかって話です。

なりたい自分を描いて必要な自分になっていく


これがすごく大切だと思うのです。

姓名判断と誕生数秘で導き出された答えは自分が持っているものだったりします。

だから自分が目指す成功をしたいなら持っていないものに着目すればいいとなるわけです。

ちなみにぼくの姓名判断だと、感情的な部分がありながらも、プライベートでは必要な仲間と出会い、周りと寄り添いながら共に生きていく。そして、誕生数秘だと、奉仕したすぎる自由人だったりするのです。

寄り添う部分と奉仕したいが重なっていますよね。

この部分は統計学から求められる潜在的に得意な部分なんです。

でも先に書きましたが、世の中の大半は見えないことで構成されています。見えないものに対してはどこに着目したらいいのでしょうか。

そこで必要なことが自分が持っていないものでありながらも普遍的な部分を取り入れて行けばいいんですよね。

ぼくは日本経済新聞社がスポンサーのカンブリア宮殿の出演者の名前から導いていたりもするのです。

しないことはカンブリア宮殿から学んでいます

出演者の傾向を知ることでより自分にとってあった方がいいものを取り込むことが出来るんですよね。

例え、今はなくても努力次第で超えている。そう信じて行動しているのです。

それに、カンブリア宮殿に出演される方は必ずしも姓名判断が吉数ではなかったりします。

これは何故でしょうか。

目標を持ち、努力を重ねる力が凶数を跳ね除ける


カンブリア宮殿に出演している多くの方は人生に波があります。

経営者になる人は並大抵の努力ではなかったりするのです。

この経営者の名前も波がある画数だったりするんですよね。

でも、今では日本をはじめとする世界でトップを走る経営者だったりもします。

それは何故でしょうか。

数字を活用して目標を持ち、現実と向き合っているからではないでしょうか。

過程が大事だと言ってもこの社会は数字で判断されてしまいます。

しかも数字は現実を教えてくれる道具でもあったりするんですよね。

話を最初に戻しますが、自分の目指す目標があるのなら、目に見える力と目に見えない力を両方大切にする必要があるんですよね。

努力は現実に目に見える形となって結果を残してくれるのです。

仮に結果が出なくても行動していない時より何かが変わってるはずです。

その段階で成長していますよね。

持っていないものを知りたくて数字を基軸しているのさ まとめ

ぼく自身は持っている数字の強みを活かしながら、なりたい自分の数字をスパイスに加えています。

本来持っている自分の力は最大限発揮して、持っていないところを普遍的な部分で補っているんですよね。

この社会に完全な人は誰一人としていません。

そして、

ふかい

巷で言われる成功者は簡単になったわけではなく、見えない努力をしているのです。

吉数だからいい人生かと言われたらそうじゃない。

逆に凶数が悪いかと言われたら必ずしもそうとは言えないんです。

32歳の年も昨年に増して加速しそうです。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。