日本人の投資家はギャンブル好き!?NISAが目的にする長期投資とは何か

資産運用

日本の投資家はギャンブル好きなんだよ

国民のことを考えている政策の1つでもあるNISA

一言で言うと、長期投資で殖えたお金がそっくりそのまま自分のものになる。ということかな。

本来なら、儲かった分、つまり利益になった分は20%の納税義務が発生するだよね。

でも、NISAで投資の、申請をすると全てが免除になるんだよね。

それも積立NISAなら最大40万円/年間を20年間積むことが出来るんだ。

この意味分かってもらえるかな。

投資のことを詳しく知りたい人は複利について勉強してもらえたらと思う。

またブログに書いたら投稿するね。

さて、話を戻すけど、NISAのランキングを調べたら資産形成を促したい金融庁もビックリの結果が出てきたんだよね。

SBI証券のランキングからみてビックリしたんだよ。

みんな株価や配当、優待だけじゃんって。

本来なら国民の資産形成の柱にしていく予定だったのに、蓋を開けてみたら全て短期的な利益に終始されていたんだよね。

NISAという投資の本来の主旨とは外れる形になったわけだ。

でも、これってすごく仕方がないことだとも思うんだよね。

日本人に投資の価値観が根付いていないからさ、NISAの宣伝をしても意味が分からないから難しいことだと思うんだ。

NISAの目的は国民に資産形成をしてもらうことにある

日本人の有価証券の比率。すなわち株式を持っている人の割合は国民の2割に相当する。

この2割には上記の短期的な投資や長期的に資産形成をする人を合わせた割合になる。

ということは本来の長期的な投資は1割にも満たないだろう。

それを証明するかのように、数ヶ月前では地方銀行の優等生扱いを受けてきたスルガ銀行やタテル(スルガ銀行と悪巧みをしていた不動産会社)もこのNISAランキングに入っていたという現実がある。

本来のNISAは未来の資産形成として年間最大40万円/年間を20年間積み立てることが出来、非課税枠が適応されるという国民にとって良策のはずだ。

でも金融庁が促している投資とはかなりかけ離れている実態なのだ。

では積立投資の効果とはどんなものなのだろうか。

ぼく自身も積立NISAで毎月33000円が自動引き落としになっているが、計算してみてるとこんな感じだ。

年間最大40万円を20年間積むと800万円を投資することが出来るよね。

世界経済が5%で成長していることを踏まえて計算すると、20年間後に800万円の元金に対して1356万円にもなるんだ。

差額プラス556万円 でもNISAではない投資なら556万円の利益に対して20%の手数料およそ111万円を支払うことになるんだよね。

でも積立NISAだったら、これが非課税になるから支払う必要がなくなるんだよ。

今後世界経済はもっと良くなることを考えると、111万円では止まらないかもしれない。

それだけの政策を政府は国民に活用するに促してくれているんだよね。

たかが111万、されど111万円。誰かが111万円くれますかって話です。

投資は本来、長期的な目線で育てていくものなんですよね。

もし、将来お金の不安に感じるようなら、資産形成の1つに積立NISAは是非オススメしますよ。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。