赤ちゃんの名前|世相を反映!? 

メディア考察

赤ちゃんの名前で時代が見えてくる

明治安田生命保険が平成の30年間に生まれた子供の名前を調べて多かったのが

男性は翔太くん

女性は美咲ちゃん

そして、2018年に生まれた赤ちゃんで最も多かった名前は

男性は蓮くん

女性は結月ちゃん でした。

先行きが不透明な時代だからこそ、羽ばたくを由来する翔という字 助け合いを意味する結という字

まさしく世相を反映していると言えそうですよね。

社会は自助、公助、共助で成り立っています。

自分で身を守るのが自助

社会でインフラを作るのが公助

一人で出来ないことをみんなで助け合う共助

赤ちゃんの名前からも分かる様にイノベーションは起きど時代が読み解けないからこそ、互いに力を出し合って生きること共助を意味する「絆」を意識した「結」を使いたいのでしょう。

でも助け合うためには一人一人が一生懸命生きることが不可欠だと思うのです。

むしろ今の時代こそ、一人一人の能力を高める努力をしないとまずいのではないでしょうか。

真剣に自助と向き合った先に共助が存在している。

だって真剣に助けてもらいたかったら、まず自分が向き合わないといけないよねー

つまり、自助が優先になると思うのです。

赤ちゃんの名前で世相が分かるかって面白いでしょ。

それじゃあ、また。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。