人は何かを癒すために生まれてきた ◯メンタル

メンタル・健康

癒すことで人は成長する機会を得る

人生の棚卸をする機会頂きました。

正直、どうなるかは予想もしていなかったんだけど、終わってみたら受けてすごく良かった。

自分の生きる道とは何か。自分が何をどう大切しているのか。

お話を聞きながら、心の中ではブロックが重なる音がなりっぱなしだった。

今までハマっていないパズルが隙間なくハマる音だったんだよね。

棚卸しというと、今までしてきたことやあった出来事を箇条書きにして、意味付けていくことなんだけどさ、

多くの人は今まで生きてきたことは振り返ろうとしないんだよね。

過去にあったことは終わったものとみなし、自分が原因があることでも相手が悪いことにして済ましてしまう。

でも本当はなぜ!その原因が起きたのか振り返ろうとしないと問題は人やコトを変えて大きくなって返ってくる。

だからこそ、原因に対しては向き合う必要があると思うんだよね。

今になって思うけど、この出来事にも前触れってスゴくあったんだよね。

ストレスケアセッションで心の中と向き合っている時に今まで見たことがない夢を見たり、セッション中にあることが頭をよぎったんだよね。

今思えば、ぼくにとっては良いことしか起こっていなかったんだけど、受け入れる力が無かったんだよね。

これが無ければ一人暮らしをする機会もなかった。本当に感謝しかないんだよね。

それに、ぼくは自立をするためにあるものを手放したんだけど、本当は手放す必要がなかったんだ。

周りに投稿を見せた故に、承認してもらいたいという思いからつい手放ししてしまったんだよ。

もう、この感情が溢れ出て涙が本当に止まらなかった。

「手放してゴメンね!帰ってきて」って自宅に帰ってきてこの言葉を投げ掛けたんだよね。

涙が止まらなかった。でもね、手放したからこそ分かる気持ちも知ることが出来たんだよ。

だからこそ、白い棚をぼくの思いを込めてしっかり造りたいって思ったんだよね。

実はあまり多くの人に話していないんだけど、ぼくは何かを見た時に数字を連想しちゃうんだよね。

誕生数秘や姓名判断はやっているからっていうのもあると思うんだけどさ、それだけじゃなくてパ!っと出てくる数字があったりする。

まー関連付けって感じだけど、この意味についても本当に知ることが出来たんだ。

そしてこの機会を終えてぼくはこう感じたんだ

人は何かを癒すために生まれてきた


ぼくがメンタルを学ぶ理由が本当に良く分かった。

心について学んで世の中にあることを伝えていく役目があるんだなって実感できた。

男性でありながら、全て受け身の数字を持ち、女性のような心を持ち合わせている。

だからだろうか、スゴく話しやすいって言ってもらえることが増えたんだよね。

今まで思っていた疑問が解決に向かい、ぼくの周りは爽やかな風が吹いたんだよね。

ぼくはメンタルを通じて、人の心と向き合っていくことで世の中に還元していく。

でもぼくだけじゃなくて、どの人も癒すために生まれてきたと思うんだよね。

芸術かもしれないし、仕事かもしれない。何をどう寄り添うのかはその人しか分からない。

その中で数秘や姓名判断は貴方自身のあり方を教えてくれる良い教材だと思っている。

もし、ぼくが変わったと思ったら、あるものが変わったってことだよね。

それじゃあ、また。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。