過去、現在、未来をつなぐものが「数字」である。

姓名判断

数字を知ることでこの世界が視えてくる

どの時代にも数字は重要な役割を示す。

過去においては数字は歴史を知る重要な役割を示し、未来においては現在の数字から予測することが出来たりする。

数字は世界共通言語でありながら、重要性を示す道具になっている。

とはいえ、数字の重要性を理解しようとするものは少ないように感じる。

数字の奥深さを知ることで、未来において起こることを感じてもらえたら幸いである。

数字の基数とは

数字を構成している要素は0から9の10個です。

この数字に組み合わせによって数多くのものを表現しているわけです。

その中に、歴史の年号があったり、過去や未来を知る上で大切な指針となるものだったりするのです。

この世界に言語は山ほどあれど、数字は全てを足しても10個しかありません。

これが何を意味しているのでしょうか。お判り頂けますか。

数字には偉大な力があるというわけです。

数字の信憑性


「数字の話をすると、スピリチュアルな匂いがする」という方もいらっしゃいます。

確かに、目には見えないので、神秘的な意味合いを持つと思われても仕方はないのかもしれません。

ただ、どんなに現実主義の人も数字を追っているのではないでしょうか。

その最たるものに時間があります。

だって、時間を気にせずにして生活しないのは難しいですからね。

時間を守るために数字を厳守する。 

つまり数字には嘘をつけない力を秘めているって解釈できるわけです。

実際に、どんなにスピリチュアルで信じられないという人も数字を見て生活しているわけですからね。

数字は未来を生き抜く糧になる


数字を知ろうとすることで、過去を分析して、未来をより良くすることが出来ます。

実際にNASA(アメリカ航空宇宙局)も次のような言葉を残しています。

「この世界は見えるものは3割にも満たない。」

つまり、目には見えないものの力が大きく作用しているわけです。

数字は時間であれ、会社の成績であれ、給与であれ、私たちの生活リズムの中に沢山あるわけです。

そして未来を良くするヒントも沢山隠されています。

ふかい

良かったら、未来を良く生きる意味でも数字を捉えていったらどうでしょうか。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。
ふかいあつし

最新記事 by ふかいあつし (全て見る)