令和に駆ける日本の未来|姓名判断13画

姓名判断

姓名判断から調べると日本の未来は明るい


平成の終わりが近づき、新しい元号令和」になろうとしている。

菅官房長官が「令和」の色紙を出した時に多くの人は何と感じたのだろうか。

・令が命令を連想させる
・ゼロを大切にしながら、共創を意識する
・読みにくい

メディアの報道で色々な解釈を聞いたのではないだろうか。

ただ、はっきり言えるのは、万葉集の出典を元にしたこの解釈だと思う。

これについては明治天皇の玄孫(やしゃご)にあたる武田恒泰さんの動画で分かりやすく説明しているので見て欲しい。


さて、大不況の平成の時代から「令和」はどんな時代になるのだろうか。

姓名判断の観点から話していく

姓名判断から見る日本の未来|令和


平成時代のとてつもなく、大不況の時代だった。

金融の世界で「失われた20年」なんて言葉もあったし、リーマンショックや未曾有の災害など計り知れない事が沢山起きた。

姓名判断の解釈で言えば、平成は12画で大凶である。

では、新元号の令和はどうかと言うと、13画で「大吉」だ

13画は援助運で、人から好かれる人気運があり、援助や引き立てを受けながら、財運に恵まれるとある。

この画数を選んだ背景には、昨今の変化が激しい社会の中でも、将来に渡り、日本が孤立しないようにとの想いもあるのではないかと思う。

13画は未来に希望を与える数字だ。

僕が住む長野県「松本」市も同じ画数13画で人・モノ・お金に恵まれる処でもある。

松本は人と人がご縁で繋がる街|長野県松本市


GAFAなどの大企業によって職業の考えが変わる時代だからこそ、共に助け合って日本という国を守りたい。

この元号になるにあたって、安倍総理大臣が候補に用意したものは天皇によって否決されているとの記事もある。

その中で絞り出された「令和」

読みにくいかもしれないが、天皇の日本の古来特有の歴史を重んじるご意向が反映されたのだろうか。

とはいえ、どんな時代になれど、努力しなければ報われることもない。

明日に向かって、「令和」を意識しながら生きよう。










The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。