自分自身を守るシンプルなあり方|ゴールデンサークル

指示ゼロ経営

自分自身を守りたい方へ

大好きなラップの歌詞に次の一節がある。

「夢見がちでいい だけど一度の人生 一か八か 体懸けて 俺の価値を問う」

ぼくは、この曲を聴く度に自分も将来をかけているんだなと。

嘘のようで本当だが、人には限られた時間しかない。

この限られた時間を大切にしている人が自分の夢を叶えるのだ。

そのためには大切なルールが存在すると考えている。

紹介するルールを守ることによって、今は忙しいながら自分と向き合う時間も取れているように思う。

ゴールデンサークル|サイモンシネック

マーケティングコンサルタントであるサイモン・シネックが2009年にTED TALKSの中でプレゼンの際に提唱した理論です。

一言で言うと、優れたリーダーの考え方やあり方を意味しています。

ゴールデンサークルwhy,how,whatの3つで構成されています。

whyを理解することによって自分が本当に大切にしているものの意味が分かります。

つまり、心から大切にしていることが分かるんですよね。

僕も自分のやる目的、意味をwhyで追求していますよ。

whyを追求することで限られた自分の時間を守れる


whyを追求することで見えるものは自分の情熱であり、自分の行動を振り返るために必要なものです。

なぜかと言うと、whyは他人や社会ではなく自分の信念を問いただすものだからです。

つまり人のせいにする事はできないという意味もあります。

自分と心底向き合うことでしか解消しないんですよね。

だからこそ孤独が必要になるわけです。

寂しさと向き合う力が孤独に打ち勝つ|メンタル

2019.01.15

GAFA(グーグルやアマゾンなどの大企業の総称)が社会に影響を及ぼす中で自分が何ができるのか。

人生という限られた時間の中でどう過ごすか。

そして、お仕事でどんな喜びを伝えることができるのか。

whyを掘り起こすことによってオンリーワンの強みを見出すことに繋がるんですよね。

ゴールデンサークルは夢を叶える手段になる


「オギャー」と生まれてから人間の命は死に向かって進んで行く。

年齢を重ねれば重ねるほど、意思決定が劣っていく。

この事実に気付こうが気付くまいが真理であると言える。

だからだろうか、頭が回るうちに自分のしたいことをするのが人生ではないだろうか。

僕のことを知っている人からは、7年前の貴方と見違えるほど変わったね!と言われたりもする。

でも自分は一切満足していない。

それは自分の夢を何一つ叶えていないからに他ならない。

たくさんのお金が欲しいわけでもない。名誉や地位も対して興味ない。

ただ、今まで自分の力で生活力を築いたことが無いので、それを早く叶えたいと思って行動している。

本業が食べられなくなってきたからというのが間近に迫って来たとも言えるからだ。

whyを追求する事は自分の情熱を探るために便利なものです。

ふかい

見えないものが求められる時代だからこそ、何事もシンプルに考えることが大切です。

もしゴールデンサークルの存在を知らないようでしたら、大切なものを守るためにこの機会に触れてみてもらえたら幸いです。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。