改名の良いところは洋服のように何度でも着替えられること。

姓名判断

改名をしたい人へ


もし、自分の人生に納得がいかないようなら、洋服を着替える要領で改名してみてはどうだろうか。

こんなアドバイスをすると、大抵の人は驚かされます。

名前ってそんなに変えられるものですか?と聞かれることが多々あります。

はっきり言って、戸籍を変更せずとも、名前は変えられますよ。

それも気分に合わせて洋服を着る要領で名前も変えたらいいと思うんだよね。

洋服のように何度でも着替えられる理由


服屋さんに行って、お気に入りの服を見つけると、あれが欲しい!ってなったりしますよね。

そうしたら、どうですか?買いに行きませんか。

値段とも相談でしょうが、本当に欲しいものであったら買いますよね。

名前も同じです。

今までの人生が報われていないと思うのなら、報われるようになりたいって思いますよね。

姓名判断をすることで、今ある考え方や方向性を知ってから、自分にあった名前を付ける。

それも、もし合わなければ、また変えたって全然問題はないんです。

季節や気分に合わせて洋服を変えるように、名前も目指す方向性によって変えたらいい。

ただ、着替えるためにも覚悟は入りますよ。

着替える覚悟ってなんだろう


お洋服屋さんで、好きな洋服の金額を見て、「高!」って思ったら、買わないかもしれないし、バイトやお金を貯めて買うよね。

それに、体のラインが目立つものだったら、ダイエットをして、似合うように努力すると思うんだ。

実は名前も一緒で、もしその名前にしたかったら、それだけの努力が必要になるんだよね。

生まれた時から、その名前だった人と、歳を取ってからその名前になりたい人の努力は違って当然ってこと。

この努力の先になりたい自分が見えてくるんだよね。

だから、改名出来る人にお願いすれば名前は簡単に変えられる。

でも覚悟がないと、それにはならないってこと。

お天道様はしっかり見てるからね。

もし自分の人生に変えたいと思うなら、改名してみたら良いよ


改名することで見える景色は大きく変わる。

それは自分が欲しいと思っていた洋服を手にした時と同じ気持ちなのかもしれない。

欲しかった服だからこそ、その洋服を着続けるために、体型を維持したりする。

名前もそれと一緒で、それに見合う努力があって初めてその名前で生きられるってことなんだよね。

でも、合わないなぁ。と思ったら、また洋服を着る要領で変えてみたら良い。

そのくらいラフなものであったら、もっと沢山の人が姓名判断の面白さにも気づいてもらえると思う。

上記の入力内容で間違いありませんか?よろしければチェックを入れてください。







The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。