新しい知育玩具から学んでいること

ふかいあつしの取説

初めてレゴブロックを見たとき、すごい衝動に駆られました。

ブロックを繋げることで出来る世界観は当時(5歳)のぼくには壮大に映ったんですよね。

レゴに魅せられてからというもの、百貨店に行く度に必ずレゴブロックを見て、遊びながら欲しいなぁと思ったものです。

そして、時は過ぎ、32歳の大人になったぼくが再びレゴブロックのような知育玩具に出逢うことが出来ました。

このレゴブロックも当時の頃と一緒で壮大なものになっているだけでなく、心を試されるものなんですよね。

このブログでは、新しいレゴブロックから学んだことを書きました。

これからの時代、経済&金融を勉強することは勿論のことあることを知っていないと上手くいきません。

何故!?断言出来るのかというと…
「この社会で言われる成功者が意識していることだからです」

でも、多くの人はこの部分は自分に関係ないことだと思ってないがしろにしています。

正直、勿体ないんですよね。

もし、欲しいものがあったり成し遂げたいことがあったら、是非「あること」を大切にして生きて欲しい

だって、巷で言われる成功者に共通しているってことは、真理なんですからね。

ではあることって何でしょうか!?

確率を大切にする人は上手くいく


以前、SNSのストーリーにてこんな投稿をした。

人生の先輩に教えて頂いた本を何度も読み返して出た感想がコレだったんだよね。


巷で認められている人の多くはこの部分をとてつもなく大切にしています。

ぼくはレゴブロックと出逢ってからというもの、この部分を本当に大切にするようになりました。

だって、自分が行動するってことは相手にとっては面倒なことだったりするんです。

でもね、この確率を大切にすると上手くいくようになるんですよね。

方法は一つじゃないので、是非、自分で調べてもらいたいと思います。

ただ言えるのは、この方法はHOW TO のようなものではないということだけ付け加えておきますね。

それだけ心が大切になるんですよね。

このことに気づき始めてから、愉しくて仕方がないんですよね。

今でもレゴブロックを見るとワクワクします。

どうやって組み立てて、何をどう配置するのか。

新しい知育玩具は沢山のことを教えてくれるのです。

The following two tabs change content below.
ふかいあつし

ふかいあつし

1986年、長野県生まれ。田舎ののんびりした空気でスクスク育つ。大学時代は憧れで都会の愛知県に行って一人暮らしをするもコミュニケーションが出来ずに孤立を味わうことになる。卒業後は、家業の新聞屋にて就職。2年後に会社の過去の清算をすることを機に、幸せとは何かを考え始める。目指すは自分の真理を多くの人に伝えられるようになること。